ガーデニング/厚木・相模原・平塚・外構工事・ガーデニング・造園・エクステリアリフォーム|(有)藤野建設

ガーデニング

HOME > ガーデニング

ガーデニングとは?

ガーデニングとは庭づくりという意味(garden+ing)で
近い表現としては園芸や造園という言葉が当てはまります。
一般的には西洋風の庭造りをガーデニングと総称しています。
植物とふれあいをもつことは心を癒す作用があると言われています。
自分の手で育てた植物が花開くと本当にうれしいものです。
こうしたものはどちらかというと園芸と表現され、
ガーデニングの場合は庭全体のバランスをより重視した考え方に近いでしょう。
「そんな皆様の思いを実現する手助けをしたい。」とウィステリアフィールドは考えています。

ガーデニングの役割

植栽といってもさまざまです。 実のなる果実樹木、シンボルツリー、コニファー、ハーブ、生垣用庭木、グランドカバー(下草)、 花のつく木、紫色の花が咲く植物など、目的や環境によって楽しめます。

目隠し道路に面したところやお隣さんの窓が近いところなどに、落葉しない常緑樹等を植えます。境界フェンス代わりに自然のフェンスの役目をします。
演出夜のライティングは、昼間とは違った幻想的な空間を演出してくれます。ちょっとした工夫で、すごくすてきな雰囲気のある表情を表現しています。また、葉が風に揺られているその姿はとっても素敵に演出してくれます。
アクセントバスケットを吊るす、アーチやパーゴラに蔓(つる)性植物を這わせる、ウッドデッキ上の一角に、樹木、下草など植栽スペースを入れるなど方法は様々です。
家庭菜園見て楽しむだけでは物足りない、趣味の料理に活かせる様々な種類の野菜を育て安全な食を楽しめます。

様々な植栽

ハーブ(herb)とは、食用、薬用として用いられる香草植物の総称です。
原産地は主に南フランス、イタリア、スペインなどの、
日射しが豊富で降雨量が少ない石灰岩質の地中海沿岸です。
西洋料理の広がりとともに、日本でもハーブの人気は高まる一方ですが、
実は日本の気候と地質は原産地とは大きく異なっています。
それでも、もともと性質の強い野草であったハーブは、適切な手入れによって日本でも立派に育ちます。

オススメの植栽を見る

トップへ